alice day's

しあわせな じかん。。。*

選ぶ難しさ・・・

昨夜 母の主治医の先生にお会いし説明を聞きました。
行く前にネットで病気の事 副作用の事 検査の事など
知っているほうが話しもしやすし理解もしやすいと思ったので
また詳しく調べてたのですが 知るごとに気分が悪くなってしまいました・・・

毎日の採血や小さな検査が続いているけれど
今後 気管支鏡検査か組織検査をするにあたっての説明でした。
だけど検査をすればそのせいで病状がかなり悪化するらしい。
検査をしたからと言って 原因や治療方法が
はっきりわかるわけでもなく ただ どの種類のかわかるだけ。。。
じゃぁ もっと悪くなってからでも・・・
となると なお悪くなる事になるし危険・・・

先生も『今の医学では まだ治療方法がわからないのです。
医師として薦めれる治療法がないのです。。。
家族の希望に添うしかないんです』と言われた・・・

結局 何のための検査なのかって事になってしまう・・・
リスクを背負ってまで 受けないほうがいいのだろうか・・・
今後のために受けたほうがいいのだろうか・・・
今の時点を把握するために 受けたほうがいいのだろうか
そのために 今より悪化してもいいのだろうか・・・
ただ 答えの見えない大きな課題の前に 
行き先を失ったみたいになってしまいました。

先生はとても気遣って 言葉を選びながら話されていました。
いろんな事を聞いて話したけれど 最後に 
『こんな事を聞くのはおかしいのかもしれませんが・・・
先生がもし患者の息子さんだとしたら どの方法を選ばれますか?』と聞いた・・・
母も妹も 声をそろえて
『わからないって言われてるのに・・・そんなこと聞かなくても!』 と わたしを責めました・・・
そんな問いには 答えてくれないとも思ったのでしょう・・・
でも わたしは こんな状況の場合 大学病院の医師としての立場ではなく
人としてどれがベストなのか 教えてほしかった。。。
医師としての知識を持った上で選ぶこと 
きっとそれがいちばん正しいんだろうと思ったから・・・

先生は ゆっくり考えたあと答えてくださいました。
わたしの思いと同じだったから すこしホッとしました・・・

Comments

Post A Comment

What's New?